遺品整理

遺品整理で真っ先に探すべき大事な物とは?

更新日:

故人の生前の持ち物を整理し、処分する遺品整理で大事なことは、「遺すもの」をいち早く見つけ出し選別し、「処分するもの」と分けて保存することです。

遺品整理では大量のものを処分する事になるので、「遺すべきもの」「捨ててはいけないもの」を早めに分けておかないと、後々間違えて捨ててしまって取り返しの付かないケースになることもあります。

今回は遺品整理をする上で真っ先に探し出し、保管しておくべきモノが何なのかを紹介します。

 

遺言書や遺書

故人の持ち物の中で、最も最初に探すべきモノは遺言書や遺書です。

特に適切な形式で書かれた遺言書は、遺産の分配などを書いてある法的拘束力のある重要書類なので、真っ先に探し出し保管しておくべきです。

また、遺書には「どのような葬儀をしてほしいか」「お墓はどこにしてほしいか」などのお葬式の要望などをを書いている場合があり、できれば葬儀の打ち合わせまでに見つけ出しておくことが好ましいです。

遺書はノートの切れ端やチラシの裏に走り書きしたようなものでも有効なので、誤って捨ててしまわないように注意しましょう。

 

預金通帳や不動産権利書などの資産関連

故人の資産がわかる貯金通帳や不動産権利書などの資産関連の書類も、早めに保管しておくべきモノです。

遺族間での相続トラブルで最も多いのが遺産の分配についてなので、故人の資産がどれだけあったのかを正確に把握しておく事はとても重要です。これらの書類は、故人の金庫に入っているケースが多いので、まずはそこを探しましょう。

特に注意したいのが、通帳残高が0円の貯金通帳。お金が口座に入っていないものと思い、捨ててしまいそうですが、通帳の書き込みをしばらくしていなかっただけで、実はお金が残っていたり、満期の保険金が振り込まれていたりするケースがあります。
通帳残高が0円だといって安易に捨てないようにしましょう。

また、通帳と合わせて、故人の印鑑も探しておきましょう。

貴金属・骨董品

高価な貴金属や骨董品も遺産に含まれる場合があります。

遺族で相続の相談をする前に高価な品物を捨ててしまうと、後々のトラブルの元になるので注意しましょう。

 

公共料金領収書・故人が利用していた会員サービスのわかるもの

電気・ガス・水道の公共料金領収書や、クレジットカード・スポーツジムの会員カードなど、故人が利用していたサービスがわかるものも重要です。

これらは遺族への権利の引き継ぎや解約の手続きに必要な書類となります。

特に捨ててしまいがちなのが、故人が会員になっていたレンタルビデオやスポーツジムなどの会員券。
後々のトラブルを避けるために故人が利用していたサービスは、できるだけ早く解約の手続きをするべきです。そのときに、故人が利用していたサービスがわからない状態だと、解約をすることができないので、故人が利用していたと思われるサービスの関連書類は保管しておくべきです。

また、故人に届いた年賀状や手紙などの郵便物も、できるだけ捨てるべきではありません。後日、その友人達に連絡が必要になる(喪中はがきなど)場合もあるので、故人の交友関係がわかるモノは出来るだけ捨てないで保管しておくのが良いでしょう。

 

捨ててはいけないものまとめ

まとめ

・遺書や遺言書には葬儀の要望などが書いている場合があるので、最優先で探す。
・預金通帳や不動産権利書の紛失は相続問題になるので、必ず保管しておく。
・故人が利用していたサービスの請求書なども保管しておく。
・年賀状など、故人の交友関係がわかるものはできるだけ捨てない。

 

 

-遺品整理

Copyright© 終活の手引き , 2019 All Rights Reserved.