遺品整理

仏壇や神棚の処分方法

更新日:

親世代の家にはだいたいあるのが仏壇や神棚。

この仏壇や神棚を処分したいと思っても、ベッドなどと同じように粗大ごみにかんたんに出すわけにはいきません。
年配の方であれば、毎朝仏壇や神棚にお供え物をして、手を合わせる習慣を持っていた人も多いでしょう。そうして毎日手を合わせていたものをかんたんにゴミとして処分することは考えたくないものです。

今回は仏壇や神棚を処分するための手順をお伝えします。

仏壇の処分方法

仏壇の適切な処分方法としては、『閉眼法要(閉眼供養)』が必要です。

仏壇やお墓、位牌などは最初に開眼法要をして、先祖の魂が宿っています。その魂を抜いたり別の場所に移動させて仏壇の魂を抜くことを閉眼法要と言います。閉眼供養は宗派や地域によって呼び方はいろいろで、「御魂抜き(みたまぬき)」「魂抜き(たましいぬき・こんぬき)」「性根抜き(しょうねぬき)」などと呼ばれたりもします。
閉眼法要をすることによって仏壇はただのモノになりますので、安心して処分することができるのです。

 

閉眼法要はお寺に依頼することでやってもらえます。もしお世話になっているお寺や檀家になっているお寺があればそちらに聞いてみるのも良いでしょう。

しかし、閉眼法要にかかる費用はお寺によってまちまちです。1~2万円程度でやってもらえるお寺もあれば、5万円〜がかかるお寺もあります。また、お坊さんに来ていただくにあたり、お車代や御心付・お布施などが必要になります。

お車代は5千円〜2万円、お布施は2万〜5万円ほど必要になりますので、仕方ないとはいえ高い出費です。

 

そこでオススメなのが、法事や法要を一律価格で手配してもらえる『お坊さん便』。

Webサイトに閉眼法要の記載はありませんが、確認したところ閉眼法要も一律3万5千円でやってもらえます。この3万5千円にはお坊さんへのお布施やお車代などもすべて含まれているのでこれ以上の余計な出費は一切ありません。

「お布施が少なすぎるんじゃないだろうか」という心配をする必要が無いので、一律価格なのは大変うれしいですね!
特に普段からお世話になっているお寺がないと言う方は、『お坊さん便』を利用してみるとよいのではないでしょうか。

 

閉眼法要後、仏壇はただの箱として扱われるため、粗大ゴミとして出したり、仏具店や不要品回収業者に引き取ってもらうことができます。
『お坊さん便』では仏壇の引取サービスはやっていないとのことですが、心配ならばやってきたお坊さんに仏壇の処分方法を伺ってみると良いでしょう。

なお、仏壇には意外と銀製品などの高価なものが眠っている場合があります。
高価なものをゴミとして処分してしまわないように注意しましょう。

関連)捨てる前にちょっと待って!遺品整理するときに意外と高く売れるもの一覧 - 終活の手引き

 

神棚の処分方法

神棚を処分するには、神社でお焚き上げ供養をしてもらうのべきとされています。

氏子になっている神社があれば、そちらに聞いてみると良いでしょう。

仏壇と違い、お焚きあげでは神棚のものを燃やしてしまうので、その後の処分を考えなくて良いというのは一つのメリット。

そして神棚はお神札を飾るための部位で、こちらもお焚き上げをして処分します。神具は神棚の祭祀に用いられる道具で、御祓いをした後にお焚き上げをします。

 

お焚き上げには、玉串料が必要になります。玉串料の費用を明示している神社もありますが、お寺へのお布施と同じように「お気持ちで結構です」といった曖昧な表現をしているところも多いです。玉串料の相場はお焚きあげをするものの大きさにも影響されますが、5千円程度が一般的です。

また近年では、環境への配慮や地方自治体の条例によって、お焚き上げを取り止める神社も増えています。その一方、お焚き上げを行ってくれる不要品回収業者や、お焚き上げを専門に行っている業者もあります。お焚きあげをしてくれる神社に心あたりがない場合、こういった業者に依頼するのも良いかもしれません。

仏壇・神棚の処分方法まとめ

 

・仏壇や神棚は先祖の魂や神様が宿るので、適切な手順で処分する必要がある
・仏壇は閉眼法要の後に粗大ゴミとして処分か、仏具店や不用品回収業者に引き取ってもらう
・神棚は、神社などで御祓いやお焚き上げをして処分する

 

閉眼法要もお焚き上げ供養も、法律で決まっている訳ではありませんが、できるだけ適切に供養したいものです。

-遺品整理

Copyright© 終活の手引き , 2019 All Rights Reserved.